日経平均先物とデリバティブで儲けるための目的と基本

デリバティブで儲ける方法

投資家としての目的

確認しておきます。
このサイトのこのページを見ている皆さんの目的は、「儲けること」ですね。決して、デリバティブの式を学んだり、市場について評論を加えることが目的ではないはずです。

このサイトの目的

次に、このサイトの目的を紹介しておきます。
皆さんが儲けるために、日経平均先物や、FX、その他デリバティブを使って市場に望むときに、最低限必要なことをお話しすることです。
大きな特徴は二つあります。

1 アフィリエイトなどは全くなく、情報にどこからもバイアスがかかっていませんので、全く公平な情報をお話しできます。
2 不必要な話をしません。それらの話は皆さんを迷わすだけです。

これらのお話しは、皆さんが目的を忘れず、フィナンシャルの講師になったり、政治にまで興味をもったりしなければ、素直に読めるはずです。
皆さんの目的は、「儲けること」です。

まず、デリバティブとは、何か? について、基本を3分程でお話しします。

デリバティブの基本

Q1.何のためにあるのか?
 A1-1.資産を守るため
 A1-2.少ない資金で大きな金額を扱うため


A1-1.資産を守る

もし、あなたが株式市場で1500万円分の資産、銘柄を持っていた、とします。 これを経済、市況の異変時に守るのがデリバティブです。
それは、言わば金融市場における保険なのです。

実際の方法:日経平均先物を1枚(1000単位で1枚と呼ぶ) 売る 
これで日経平均(15000円時)×1000(1000単位での取引)=150万円 を売ったことになります。
この結果、自分の銘柄が下がっても、日経平均が下がる(通常連動するとして)ので
資産はヘッジされます。
これは、保有株を売るより早く、資産を効率的にヘッジします。
すなわち、すぐに買い戻せる・一日何度でも繰り返しできる・24時間取引できる、という利点があり、 これは保有株を実際に売る、買い戻す、という過程より有利です。

この他に、輸出企業、輸入企業のために、通貨の変動をヘッジすることができます。
たとえば、コーヒーの輸入原価から通貨の変動をヘッジする、などの目的でも使われます。

A1-2.少ない資金で大きな金額を扱うため

あなたが、先ほど行った、日経平均1500万円分(1枚)に必要な資金はたったの50万円にしか過ぎません。
デリバティブでは、大きな保険分を、小さな資金でかけられるのです。

また同じく、この行為は、被保険資産分となる銘柄を持っていなくとも行うことができます。その場合、50万円を保証金として預けて、1500万円分の株式を買った、または売った、というポジションをとることができます。

次に、デリバティブの種類について、3分程でお話します。

デリバティブ-各市場の種類と特徴

Q2.国内一般投資家が取り引き出来るデリバティブは何か?
 A2-1.日経平均先物、FX、商品先物、株式信用取引
 A2-2.これら各市場の特徴



続きは下をクリックして下さい
 種類と特徴

Latest News

9
jan

目的を制作

第一ページを制作しました。順次増やして行きます。.

1
feb

儲ける方法

準備を更新 

17
FEB

デザイン手直し

未定.

02
MAR

儲ける方法

準備2更新

09
MAR

儲ける方法

準備3更新

Profile

筆者について

大手投資銀行の為替トレーディング解析システムを開発。
その後、トレンド解析システムモンタナを開発。為替から先物まで世界市場の動きを現代統計学、解析学を使って分析する。 月刊フォーブスの投資コラムを5年間担当、
2009年度、ファンドマネージャ-運用コンテスト1位。
機関投資家、個人投資家から絶大な信頼を得ている。

執筆活動:先物、株式のテクニカルライターとしては各市場を 同時分析できる数少ない存在としてフォーブス、マネージャパン、 証券新聞、などのコラム、解説記事を担当。 月刊誌FX攻略にて「相場のこころ」連載
講師活動:東京ファイナンシャルプランナーズ講師、他セミナー多数。


近年、通信環境の発達により、市場はより効率化しています。 すべての情報とそれに対する反応が一瞬にして交じわされ、 情報が氾濫する中でどれが一番大切なのかを見失ってしまいがちです。


5分間の勝負をしない限り、大切なのはスピードではなく、その奧にある本質です。 テクニカル分析も情報もだましが多くなったばかりでなく、故意に引っかける動きも相当多くなりました。
勉強が必要なのは沢山の知識を身につけるためではなく、いらない知識を排除し、自分のレベルを確認するためです。
このサイトが少しでもお役に立つことを願っています。

来訪者1500万人到達の株式情報ブログ 執筆中




Q.レバレッジとはなにか?

A.リスク管理の上の重要な指標である、レバレッジは、実際の資金の何倍まで買えるか、ということを表します。今回の例では、1500万円分を50万円で建てたわけですから30倍、ということになります。
もちろん、その30倍が上限であるだけで、
150万円分を5万円で建てることも、150万円分を150万円をわざわざ差し入れて運用することもできます。
150万円を150万円を差し入れて運用する時、レバレッジは1倍です。
この時に差し入れる現金を 証拠金 と読んでいます。
後者の場合は、実質レバレッジ1倍となりますので、ほぼ、現物取引と同じです。

Top へ
目的と基本 種類と特徴  情報ツール  各社口座比較  Trap 罠  儲ける方法  Products  FAQ

名称:株式会社 東京総合研究所

所在地:本社 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-4 Ebisu One 6F

URL:http://www.888.co.jp