儲ける方法

デリバティブで儲けるために

株式信用取引での準備と手順  --準備1


さまざまな投資方法を知る

<信用取引について>

私が株をやり始めた頃は、ネット証券などない時代で、信用取引を行っている個人投資家はごく僅かでした。

また口座開設基準も厳しく、大手だと預かり資産が最低2千万円以上、中小で5百万円前後だったと記憶しています。

現在のネット証券は敷居がぐんと低くなり、希望すれば、ほぼ誰でも信用口座を開くことができます。

ここでは「信用取引」とは何か?という基本を解説します。

信用取引とは、ひとことで言ってしまえば、「自分を信用してもらい、持っている資金以上に株式投資を行うこと」です。

自分の資金や株式などを担保(たんぽ)にして、証券会社からお金を借りて投資することになります。

信用取引のメリットは大きく分けて3つあります。

 
1「持っているお金以上の取引ができる」

例えば、現物取引(一般的な取引)では50万円持っているときは、50万円分までしか取引できませんが、信用取引を使えば、最大で3倍の150万円分の取引ができます(レバレッジ効果※)。

うまく取引ができれば、利益は3倍となります。

 
 
2「株価下落時にも利益を出せる(空売り)」

普通の株取引では、株価が安いときに買っておいて、のちに株価が上がったところで売ります。

この差が利益になるので、安く買って高く売ることが勝利への近道です!

空売り(信用売り)」は全く逆の発想です。

なんと株価が下がればもうかるのです。

空売り(からうり)のしくみを見ていきます。

1、証券会社に株を借りて、売ります(空売りと言います)(下図のA)。
2、株価が下がったところで買い戻し、株を証券会社に返します(B)。
3、「1」と「2」の差が利益になります。

もう少し、わかりやすく解説します。

「A社株(株価:100円)」を1000株、証券会社から借ります。

それをそのまま空売りしたとします。

ここでは10万円(100円×1000株)です。その後、株価が90円まで下がったとします。

 ここで1000株を買い戻します。

買い戻しにかかるお金は、90円×1000株=9万円です。

証券会社には1000株借りてましたから、9万円で買い戻した1000株を証券会社に返します。

そうすると、どうなるでしょうか? 

10万円の価値のものを9万円で買い戻したわけですから、差額の“1万円”が利益となります!

手順 株価 注文内容 結果
1、100円 1000株の空売り(信用売り) →10万円分の売り注文
2、90円 1000株の買戻し(決済注文) →9万円分、買い戻す
→1万円の利益  

 
 
3「株主優待をお得に手に入れられる」

「現物取引の買い注文」と「信用取引の売り注文(空売り)」を組み合わせることで、株の売買手数料と信用取引の金利だけでお得に株主優待を手に入れることができます。

買い注文と売り注文が両方入っているので、株価変動は意味がなくなります。

手数料1,000円で3,000円相当の株主優待を手に入れることもできます。


 

信用取引で儲ける方法 準備2を見る
Top へ
目的と基本 種類と特徴  情報ツール  各社口座比較  Trap 罠  儲ける方法  Products  FAQ