儲ける方法

デリバティブで儲けるために

株式信用取引での準備と手順  --準備2


信用取引のルール

<信用取引のルール>

1  6ヶ月以内に清算の義務があります。 

 「借りたものは返しましょう!」という、借金返済の原理です。

6ヶ月以内に返すことが原則ですが、最近は無期限信用取引(一般信用取引)という返済期限なしの信用取引もあります(→松井証券)。ただ気をつけたいことは、信用取引はお金を借りているわけですから、毎日金利が発生しています。  (参考:一般信用取引と制度信用取引の違い)

2 追い証※(おいしょう)が発生することがあります。

 追い証というのは、「追加で保証金(担保)が必要になること」です。

たとえば、信用取引で買っていた株が急激に下がったとします。

持っている資金や株券を担保にできているうちはいいのですが、株価が下がったことで大きな損失を抱えると持っている資金では足らなくなることがあります。

追証に応じることができない場合は、証券会社が自動的に注文を出して決済してしまいます。

 かんたんに信用取引について紹介しましたが、ちょっと難しいかもしれません。

株にしっかり慣れて、かつ、リスク管理ができるようになってから検討してみてください。

 (信用取引の料金体系やキャンペーンについて知りたい方は、信用取引向け証券会社をご覧ください。

信用取引のしくみについて理解を深めたい方は、一般信用取引と制度信用取引の違いを参考にしてください)

  ☆信用取引は使い方をマスターすれば便利な道具ですが、リスクの管理ができないと思わぬ損を出すことがあります。しっかり学習しましょう!

信用取引お勧め証券会社2社

・GMOクリック証券 (電話面接なし、手数料0円~ 金利も業界最低水準)

・カブドットコム証券(電話面接なし、手数料0円~ 金利も業界最低水準)


 

儲ける方法に戻る
Top へ
目的と基本 種類と特徴  情報ツール  各社口座比較  Trap 罠  儲ける方法  Products  FAQ